仕事が忙しくて疲れてしまったときにすべき3つのこと

繁忙期やもともと残業が多い仕事だと嫌になってしまう瞬間が来ると思います。

そこをどう乗りこえるかが重要です。

もう嫌だと辞めれるなら話は早いですが、そんなに単純ではありませんし、辞めたいわけでは無い場合もあります。

そんなときにどう対処するべきなのでしょうか。

・残業をやめる

・有休をとる

・頑張るのをやめる

この3つを行いましょう。

 

残業をやめる

残業についてはこの記事を読んで下さい。

 

この記事で書いたように会社は残業を強制することができます。

ですが健康を害するような残業を命じることはできません。

つまりはしんどいから帰ると言う社員に対して、残業させることはできないということです。

身体が疲れていなくても、心が疲れ切ってしまっている場合があります。

アナタがもう嫌だ、辞めたいと思うようなら心が疲弊している状態です。

本人ではなかなか気づきにくいのですが、危険な状態なんです。なので健康に影響を及ぼす状態なので、残業せず帰れるのです。

気にせず帰りましょう。

長時間の労働はとてもキツイものです。人によって苦しさは様々なので他の人が元気でも気にすることはありません。

身体も心も人それぞれなのです。

 

有休をとる

いっそのこと有休を取ることをおすすめします。

有休は普段仕事の日に休めるので、とても気持ちがスッキリします。

たった1日でもどこか普段行かないところへ出かけたり、ただゴロゴロするだけでも元気になります。

もしそれでもダメなようなら、また1日休みましょう。

「もう」ではなく、「また」です。

連続で休むと、出勤するのが面倒になったり、出勤しにくくなるため、期間をあけて取得することおすすめします。

有休は労働者の権利であり、会社が労働させることと同様に当たり前の権利になります。

気にせず取得しましょう。

会社は組織なので、一人いなくても何とかなるものなのです。

 

頑張るのをやめる

あれもこれもと頑張っているアナタ。

とても素晴らしいことですが、少しペースを落としましょう。

頑張りすぎると疲弊してしまいます。

頑張ると同じように休息も大事で、そのバランスがとれていないようなら調整しましょう。

本来のポテンシャルが発揮できないのならミスが多発するだけです。

出来ることと出来ないことがあるので、何もかも自分でしようと思わないことです。

頑張るのはいいことですが、無理をするのは良くないということです。

 

最後に

 

自分の限界を理解し、それを超えないように調整することが重要になります。

調整する際には他の人に遠慮せずしっかりと休みましょう。

一線を超えてしまうと回復に時間がかかってしまいます。

それは身体も心も同じで、結局早めに休んだほうが短時間で済む場合が多いので効率的だと理解してください。

無理をせず、体調管理をしっかりとして万全の状態をキープしましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です