最高のノイズキャンセンリングヘッドホン Sony WH-1000XM3の特徴と評価

SonyのWH-1000といえばノイズキャンセリングヘッドホンを代表するシリーズ。

3万円を超える価格は決して安いとはいえないが、それでもベストセラーになるこのモデルには、十分すぎる魅力が詰め込まれている。

この魅力を理解することができたのなら、Sonyが戦略的にこの価格で売り出していることに気づくことができると思う。

Sonyの技術が余すことなく詰め込まれている本機は、安いといえるとてもお買い得なモデルなのである。

自分だけのプライベート空間を直ちに作り出すことができる本機はまちがいなく買いの一台であり、興味のない人を一度は触れてほしいと思う。

あにき
忙しい現代の人にドンピシャ。イヤホン派の人も是非聴いてみよう。

 

 

主な仕様

 

出典:SONY

 

カラー:ブラック、プラチナシルバー

充電時間:約3時間(10分の急速充電で5時間の使用が可能)

連続使用時間:最大30時間(NC使用時)

充電方式:USB

質量:約265g

付属品:接続ケーブル、キャリングケース、USBケーブル、航空機用プラグアダプター

通信方式:Bluetooth標準規格 Ver.4.2

最大通信距離:約10m

対応コーデック:LDAC,aptX HD,aptX,AAC,SBC

 

あにき
ヘッドホンを外で装着する際に一番気になるのは見た目だと思います。でもこれだけの高い質感があればむしろ誇らしい。注目の一台だけに着けてしまいたくなってしまいますね。

 

 

 

評論

 

まずカラーだが、質感の高いマットカラーの二色。とても高級感のある色で、大人でも使いやすい仕様になっている。

出典:SONY

ヘッドホンは見た目も非常に重要になるため、年代を選ばないこのデザインと色はとても素晴らしいと思える。

最高にジャケットの似合うヘッドホンといえるだろう。

出典:SONY

「NCオプティマイザー」といわれる機能が備わっており、眼鏡や髪形などの個人差を検出、さらに環境にも合わせた設定をすることで、一人一人に合わせた最適なノイズキャンセリングの設定を行うことができる。

これにより先代よりも一段階アップしたノイズキャンセリングをより良い環境で体感することができる。

ホワイトノイズと言われる「サー」とした逆位相の信号を発するときに出る音が、非常に少ないのもとてもいい。

これは「高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN1」という、従来比4倍の処理能力を持つ新開発の技術がひと役かっているものと思える。

 
この革新の技術により「驚き」を我々に与えるヘッドホンに仕上がった。
 
また右のイヤーカップの全面に触れることにより、「クイックアテンションモード」が作動し、周囲の環境音の取り込みが瞬時に可能。
 
強力なノイズキャンセリングが邪魔にならない配慮がSonyらしいといえる。
 

 
 

最後に

 
WH-1000XM3の評価はやはり現在最高のノイズキャンセリング技術の一言に尽きると思う。
 
Sonyが持っている音響技術とワイヤレス技術などどれも最高峰のもの。
 
その三つの神器が揃っているこのWH-1000XM3は、ガジェット好きにも音楽好きにもヘッドホン好きにも最高のヘッドホンといえるだろう。
 
イヤホン好きな方にはこちら↓↓↓
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です