kawasaki ninja250試乗 インプレッションと評価

 

それは2008年に始まった。

カワサキが日本をフルカウル250ccバイクブームに巻き込んだ名車Ninja250Rの発売である。

出典:Wikipedia

 

四気筒を捨て二気筒を選択したカワサキは、このバイクを発売して手ごたえを得たに違いない。

並列二気筒から生み出される豊かな低速トルクは扱いやすく、ビギナーのライダーはもとよりベテランライダーも心を惹かれた。

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Yuko Sugawaraさん(@sugasuga81)がシェアした投稿

四気筒じゃないのかという不満はありつつも、乗るとフレンドリーなこのバイクはそのスタイリッシュな外観もあって大いに売れた。

予約の段階で年内生産分を超えた2代目Ninja250(Rは二代目ではなくなった)を試乗したので紹介したいと思う。

 

Ninja250(2017年モデル)の外観

 

 

外観はとても大きく、排気量以上のボリュームを感じた。

車格的には400ccくらいだと思う。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

akiraさん(@aki_u_8)がシェアした投稿

フロントマスクとタンクがとても大きいので、大柄のバイクが好きな人には嬉しいサイズだと思う。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

T.Maieさん(@fieilder.corolla.iikamone)がシェアした投稿

質感も高く、見た目では細部にも不満は生まれないだろう。

さすがに超が付くほどの人気車種に粗末な仕様にはしてないようだ。

この型から大型車と同じ見た目になり、とてもかっこよくなった。小型車の見た目に不満を持っていたライダーもこのNinja250に不満を持つ人はいないだろう。
見た目買いをする人の気持ちも分かる。
それほどスタイリッシュだ。

 

Ninja250のインプレ

一番に感じたのは重い車重だ。

250とは思えない見た目はそのまま重さに繋がっているようだ。

だが不満を感じる人は少ないと思う。このNinja250はガチガチのスポーツバイクではなく、もっとカジュアルで遠出を楽しむバイクなのだ。

重めの車重を、豊かな低速トルクでうまくカバーしている。

今回の車両は、ヨシムラのフルエキが入っているためエンジンのフケがとてもよかった

上まで引っ張るととてもよく回る。

どうやら高回転よりのエンジンだ。だが低速トルクを損なわないようにうまく制御されており、とても扱いやすかった。

 

振動は二気筒だけあってそこそこある。

不快に感じるほどではなく、むしろ楽しむためにそう味つけしているかのような気持ちいい鼓動感だ。

これぞ二気筒。

 

若干サスが固めで、少し道路からの入力が大きいような感じがした。

その他は、とてもカジュアルなのになぜかここだけはスポーツセッティングのようだ。

好みが分かれるが、個人的にはもう少し柔らかいほうが、バイクの性格にあっていると思う。

 

また少しリアブレーキが甘いのが気になった。

これは車重からきているものかもしれないが、もう効きが良いほうが安全的にもいいと思う。

 

Ninja250はレーシーではなく、親しみやすいゆったり感を持った気持ちのいいスポーツバイクだ。

 

Ninja250の評価

 

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ねぷろすさん(@u_nepros1035)がシェアした投稿

 

どんな人でも扱いやすいバイクを目指して作られたバイク。

ワンランク上の見た目や重厚感を楽しみたい人はこれ以上にないと思う。

YZF-R25などと違い少しゆったりとした性格は、ツーリングなどにマッチしており、あまり疲れを感じさせないようにできていた。

ただポジションのせいか手の平に痛みを感じた。

これは慣れもよるが、ライディングポジションはあまり優しくないように思えた。

 

カワサキが作る優等生バイクは、イケメンのフレンドリーなバイクだった。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です