IT企業やクソゲー、ゲームメーカー解説ならお任せ『ゆっくりデータバンク』

かつて日本のゲーム市場はものすごい規模で多くの企業がありました。

現在ではハード(ゲーム機)もPS4、ニンテンドースイッチの二強になっていますが、一昔前はセガのドリームキャストNECのPCエンジンバンダイのワンダースワンなどが数々のハードが存在し、それぞれのゲーマーが各ハードの良さを自慢するなんて姿がよく見られました。

そしてソフトも多くの企業が作っており、覚えきれないほど数が発売されていました。もちろんヒット作もありますが、それ以上にクソゲーと呼ばれるバグだらけだったり、システム面やストーリーに難がある作品も多い時代でした。

現代は開発コストが非常に高く参入が難しいジャンルになっていますが、少し前のスマホゲームをイメージすると分かりやすいと思います。

パズドラやモンストの課金での収益スタイルが非常に大きい市場になったため、スマホゲーム市場に多くの企業が参入しましたね。

そんな飽和状態のスマホゲーム市場が昔のゲーム市場と酷似しています。

そんなビジネスチャンス溢れる大きな市場がゲーム市場なのですが、多くのお金と人間が動くとなればもちろん多くの出来事が起きます。

小さな企業の躍進、有名企業の撤退、提携発表…

そんなゲーム企業を詳しく10分程度で解説してくれるYouTubeチャンネル『ゆっくりデータバンク』なのです。

その他、メルカリなどのIT企業の解説動画もあるので一度ご視聴ください。

 

ゆっくりデータバンクとは?

 

 

 

2019/11現在

ゆっくりデータバンク

チャンネル開設:  2018/12/07

チャンネル登録者: 3.6万人

総再生数:     524万再生

 

いわゆるゆっくり実況動画ですが、非常に分かりやすく聞きやすく作られています。

・IT企業列伝

・ゲームメーカー列伝

・クソゲーメーカー列伝

三種類の動画があり、どれも面白く視聴できます。

あまり興味がなくても見ているうちに興味も持ってしまう魅力があり、私もその一人になってしまいました。

わずか一年経たずに3.6万人の登録者がいるのはこういった魅力があるからでしょうね。

もちろんオススメはクソゲーメーカー列伝です。

 

IT企業列伝

 

AppBankやアマゾン、そしてUUUMまで開設してくれます。

企業の沿革や創業者のヒストリーを二人が掛け合いながら解説していきます。

また時には脱線して解説もしてくれるので非常に丁寧な印象でメジャーな企業が気になる人は是非ご覧あれ!

 

 

ゲームメーカー列伝

 

 

数あるゲームメーカーを紹介する動画です。

一般的には販売元の認識しかありませんが、制作を委託していたり販売を委託していたりするので、販売元がゲームを企画・制作しているとは限りません。

なのでゲーム好きじゃないと知らないゲームメーカーも結構あったりします。

また知っているゲームメーカーでも沿革などを知るとゲーム制作の苦労が分かり、ゲームの楽しみかたが変わってくると思います。

「あ、ここって狙って作ってあるのかな」とか、この作り込みは開発に苦労しただろうなとかゲームの奥深さを感じることができることでしょう。

 

 

 

クソゲーメーカー列伝

 

 

一番の目玉はこれでしょう。

ある意味名誉ある称号であるクソゲー

時には罵倒の意味で、また時には愛を込めて呼ばれるクソゲー

大人になっても遊び心を忘れないといえば聞こえはいいかもしれませんが、多くはバグやゲームバランスの崩壊、システム不備、ストーリーの不可解など愛せればかわいいが、そうでなければ、ただただ迷惑な代物と交換にお金と時間を頂くのがクソゲーメーカーです。

やはり失敗談は聞いていて一番楽しいですよね。

そんな愛嬌あるおっちょこちょい企業を紹介・解説する動画です。

愛ある解説なので嫌な気持ちになることは一切なく、ニコニコしながら視聴できます。

なのでバスなど公共の場で見る際はご注意を。

 

 

最後に

知ればしるほど面白い。

ゲームに一段深く興味を持つきっかけを作ってくれるのが『ゆっくりデータバンク』です。

多くの人が携わって作り上げられるゲーム達。

多額の開発費と時間をかけるのに何故か出来上がるクソゲー。

そんなとても面白いゲームの裏側を知って、今以上にゲーム三昧しましょう。