「炎上」は世間との議論がカギ

現在はSNSが日常にあるため、TwitterやYouTubeなど炎上が非常に目立ちますね。

それだけ身近になっただけあって、炎上速度も規模もかなりのものになっています。

そして炎上といえばキンコンの西野さん堀江貴文さんがすぐに浮かびますよね。

度々炎上を繰り返していますが、なぜあの人達はなぜ炎上しても人気が衰えないのでしょうか?

 

一般的に炎上は悪いものという認識があると思います。

私も同じで炎上は悪いもの、その反動を利用した炎上商法が延長線上にあるくらいの認識しかありませんでした。

ですが上記の二人に対して世間的には批判はあれど、発言力のある識者と認知されています。

つまりは批判=悪いという単純な構図ではなく、炎上しても変わらない評価を受ける場合があるのです。

 

炎上は良いものと悪いものの二種類あり、西野さんと堀江さんは世間とのズレによる炎上で良い炎上なのです。

 

ではなぜ良いのでしょうか。

今回はそんな炎上について解説します。

 

 

炎上とは

 

ネットでの炎上とは、コメントに対して、非難・批判が殺到して収拾がつかなくなる状態のことをいいます。

現代においては、誰でも簡単に発言できるためその気軽さから匿名性が高いSNSでは炎上しやすいですね。

これはデメリットだけではなく、身分を明かさないからこそ自分の考えを発言できる人も多く存在するため、発言する場として活用すればかなりの情報や発言が集まります。

つまりはの注目・関心を集めるツールとしてかなり優れており、活きた情報をやり取りできるのが匿名性の高いSNSのメリットになります。

その中で生まれる議論が炎上なのです。

 

良い炎上

 

良い炎上とは議論炎上です。

意見に異論が集まり、規模が拡大するなら議論炎上ですが一つ注意点があります。

意見の正当性が必要なのです。

異論に簡単に崩されるようならば、炎上しないか悪い炎上をしてしまいます。

反論できるように正当性が必ず必要で、異論に対抗できるタフネスも必要になります。

 

ですがその発言が世間の認識とずれていても正当性があれば必ず共感してくれる人がいます。

共感してくれる人、つまり味方を増やすことも非常に重要です。

 

誰にも予測がつかないほどの速度で変わる現代の中、認識やルールというものも時代や環境によって変わっていきます。

その変わり目で起きる世間とのズレでの炎上があります。

西野さんや堀江さんは、新しい概念を現代に訴えているのです。

一見するとただの自分勝手に聞こえるかもしれませんが、そこに共感を得ればただの自分勝手ではなくなります

この問題定義で起こる議論炎上が信用を落とさない炎上方法だといえます。

ポイント

・正当性が必ず必要

・異論・批判に対して反論が出来なければ、すぐに沈下しイメージダウンに繋がる

・自分勝手にならない理屈を提示し、共感を得る

 

 

悪い炎上

 

明らかな常軌を逸した行為、発言での炎上は、ただの反感を買ってしまいマイナスになってしまします。

これが悪い炎上です。

少し前に話題になりましたが、アルバイト社員がアイスクリームケースに入る、ゴミ箱に捨てた具材を使用などが悪い炎上の例に挙げられます。

この軽率な行動によってどれだけ企業は損害を受け、本人も後悔と賠償することになったのでしょうか。

 

炎上を手段とするならばその後の目標に繋げる行動が重要になります。

この炎上によって地に落ちた信用で何をするのでしょうか。

いくら有名になってもゴミ箱に捨てた具材を使う人が経営する飲食店なんて行きませんし、そんな人が取引相手だと安心して契約なんて出来ませんよね。

 

注目浴びるのは非常に重要ですが、炎上させてどうしたいのかまで考えてから行動しましょう。

ポイント
・軽率な発言や行動での炎上はNG

・炎上を手段にするならその後の目標への影響まで考えてから炎上させる

・信用は簡単には取り戻せない

 

炎上によって得られるもの

 

良い炎上によって得られるものは、

・知名度

・信頼

・興味

があると思います。

話題が集まればそれだけの人が注目します。

そうすることでアナタの発言に集まった人が、今度はアナタに興味を持ってくれるはずです。

まして味方してくれた人とは考えが近く、また炎上によって身近に感じられるようになります。

相手側も同じで、これが共感で生まれる信頼感なのです。

 

この距離が近い関係が非常に重要なのがこれからの世の中です。

これからは個の時代でなく小規模コミュニティの時代であり、似た考えの人が集まり相互関係を結ぶことが重要なのです。

1+1=2の関係ではなく、1+1が100でも200にでもなるような関係を結ぶためにきっかけになるのが、この議論炎上だと考えます。

 

得られるものは非常に多いですが、露出が多くなる分批判もまた集中するので注意は必要です。

 

バズるとの違いについて

 

炎上によって得られるものがアナタが望むものなら炎上を狙ってみましょう。

ただ同じ共感でいえばバズるというほうが良いかもしれません。

バズるというのは注目を浴びるということで、この点については炎上と変わりません。

ですが大きく違う点があります。

それは批判の多さです。

 

・バズるのは、共感が多く批判が少ない

・炎上は、共感はあるが批判が多い

 

難しい話題ほど議論になり反論が増えるため炎上傾向になります。

つまりは意見が割れやすい話題は炎上しやすいということです。

なのでバズり狙いの場合は、政治など意見の割れやすい話題は避けたほうがいいのです。