仕事が遅い人がやるべき2つの方法

一生懸命やっても仕事が進まない人っていますよね。

ただ時間だけが過ぎてしまう人は、まず仕事の仕方が悪いことがあげられます。

時間は有限であり、平等であることを認識してください。

そのなかで差が生まれるのは仕事を処理するスピードか、より効率良くこなせているかになります。

ではどうすべきか解説します。

 

仕事を処理するスピードを上げる方法

難しく考える必要はありません。

単純に作業スピードを上げるだけで解決します。

パソコンの入力が遅いならタイピングを練習したらいいですし、Excelが苦手なら勉強しましょう。

工場などの作業ならより早く動けばいいですし、配達業ならば走って配達しましょう。

つまりは熟練度を上げろということです。

 

仕事の理解度を増やし、作業スピードを上げるように日々意識して仕事やってみましょう。

サッカー選手が何も考えずにボールを蹴っているだけで上手くなんてならないですよね。

どうすればいいか考え、目的を持って練習しているはずです。

仕事も同じで与えられた仕事を分解し、自分なりに課題を出してみましょう。

 

分解する簡単な例えを挙げます。

まずサッカーのシュート練習をするとします。

シュートを分解すると、「ボールを蹴る強さ」「ボールの回転」「ボールのコントロール精度」「シュートの種類」などに分解できると思います。

この4つをそれぞれ練習することによってシュートという項目は向上するのです。

 

練習量はもちろんですが、練習を無駄なく結果に繋げるためには、目的をハッキリさせないといけないのです。

 

 

仕事を効率良くこなす方法

仕事の本質をアナタは理解出来ていますか?

なぜこの書類は必要なのか、なぜこの作業は必要なのか、なぜこの確認は必要なのか。

普段からそんな風に考えるクセをつけなければ、仕事を理解することはできません。

 

そして本質を理解すれば、必要ない作業(無駄)を省略することができます。

また目的が変わらなければ違うアプローチが生まれるかもしれません。

指示された内容がどういう意図なのか理解することが非常に重要なのです。

 

つまりは常に思考しろということです。

考えた量が多いほど、物事に対する答えも多く持つことが出来ます。

そしてその考えを実践しながら常に工夫するようにしましょう。

これは毎回です。

同じ内容の作業でも昨日のアナタと今日のアナタの最高の答えはきっと違うはずです。

単純に作業レベルの向上や、思考や経験の蓄積からの熟練度高さから差が生まれるのです。

 

常に最高の答えを導きだしましょう。

過去の答えはあくまで参考程度にすることで、思考力が増しアナタのレベルはさらに向上するでしょう。