自動車で交通事故を起こしたときの対処の仕方

どれだけ気を付けても起きてしまう交通事故。

私も過去に二回事故を起こしています。

起こしているといっても被害者側ですが、それでも過失はあるので社会的には完全な被害者とはいえません

最近で吉澤ひとみさんが起こした事故が記憶に新しいと思います。

あれは飲酒運転で人身事故を起こすという最悪な事故で、普通にしていたらこういった事故は起こすことはないと思いますが、被害者側としては可能性はありますよね。

運転のプロでももらい事故を含めると交通事故を100%防ぐことは不可能です。

実際に起こしてしまうと動揺してしまうので、今からよく理解しておきましょう。

 

事故を起こしてしまったらまずは怪我の有無確認(必要なら119番通報)

まずは警察に連絡という方が多いと思いますが、怪我人がいるかの確認が先になります。

重大な怪我をしている場合、一刻も早く救急車を呼ぶ必要があります。

怪我人がいる場合は119番通報しましょう。

これは110番通報してもまず怪我人の有無を訊かれるので、まずは自分と相手の怪我の確認をするようにしてください。

 

 

警察に通報(100番)

警察への通報は絶対にしてください。

示談で済ますにしても、事故が起きたという証明がいるので必ず通報するようにしてください

そして相手が加害者の場合は、「警察への通報せずに示談で済まそう」と言ってくる人もいるので事故が起きた時点で連絡するのもアリです。

そうしないと相手に委縮してしまい連絡しづらくなってしまう場合もありえますので。

この警察への通報を怠ると、事故の証明ができず相手に逃げられる可能性があります

同時に相手の連絡先を訊いておくほうが良いでしょう。

実際に連絡を取ることはありませんが、私の場合は念には念をといつも連絡先の交換をしています。

 

保険会社への連絡

任意保険に加入している場合は、警察の事故検証が終わったあと連絡してください。

任意保険の証書に連絡先が書いてあるので、オペレーターの指示に従って質問に答えるようにしましょう。

後日、この情報を元に事故の処理に動いてくれます。

なので後は保険会社に任せておけば大丈夫です。

任意保険に入っていない方、検討している方は一括見積もりサービスが便利ですよ。

 

ちゃんと受診する

事故が起きたときは興奮しているので、痛みが出にくい場合があります。

後日、痛みが出てくることもあるので、ちゃん受診をしてください。

私の友人は追突事故で腰を痛め、当時の仕事を続けることが困難になり辞めることになってしまいました。

ちょっとした事故でも身体には、すごい負荷がかかっています。

まぁいいかではなく、しっかりと自分自身の身体を確認してください。

 

最後に

 

①怪我の確認(必要なら119番通報)

②警察への通報(110番)

③連絡先の交換と保険会社への連絡

④少しでも体調が悪いなら病院での受診

交通事故は絶対におこさないように、注意して運転してください

事故のほとんどは防ぐことができます。

予測やよく確認をして運転するようにしてください。ミラーだけではなく、自分の目で確認することが大切です。

事故は起こしても、起こされても得にはなりません。

お金をもらっても、障害が残ってしまうと一生後悔して過ごすようになってしまいます。

 

ですがもし起きた場合は速やかに対処できるように、一連の流れを理解しておきましょう。

そして今日も安全運転で車を運転してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です