車好きなら一度は憧れる?カーディーラーの営業職の収入は?

 

 

主に新車販売をしているカーディーラーの営業職。

整備士を含め、車が好きな人ならば一度はやってみたいなと思うはず。

 

営業職であるため離職率が高いのはもちろんだが、いったい給料はどれくらいもらっているのだろうか。

それなりに高いものを売っているのだから、営業手当(販売手当)によっては、ものすごい給料をもらっているんじゃないんかと想像が膨らむ。

 

ですが年収については一般的で400万いかない。

 

今回はそんなカーディーラーの営業職についてお話しよう。

 

カーディーラーの営業職とは

営業販売スタッフのこと。

 

新車販売をメインにその他のサービスなども担当するお客さんの窓口となり重要な仕事。

保険やカード・ローンなども扱うため、かなりの知識を必要とする実に面白そうな仕事だと思う。

 

慣れるまでが大変、二年経ってからが本番と言われる所以はこのあたりからきているようだが、仕事は数年経って要領を掴み、人脈を作ってからそれらを活かして行うものだから普通といえば普通だと思う。

 

また閉店まで店にいるわけではなく、訪問も行う。

新規のお客さんだけではなく、既存のお客さんに新車勧めていく必要があり、過去に関わったお客さんは警戒心がないため、そこに付け込んでグイグイ車を売るのだ。

 

だがそれは万全のアフターサービスがあってのことで、日々の自分の努力つまりは営業力によるものが大きいため、日々得を積み重ねていくしかない。

 

そのため人とのコミュニケーションを大事に出来ない人やストレスになる人には向かない仕事

 

カーディーラーの営業職の収入

基本給とは別に販売手当がある。

だが一部の販売店にはこの制度がないところもあるので注意。

 

一台につき5000~10000円が一般的だが、コンスタントに月に複数台売るのは難しいため、なかなか収入は伸びにくい。

ただ車種による手当の区別はないようなので、人気車種の取り扱いがある店舗がいいと思う。

※トヨタは全店で全車種の取り扱いを始めたため有利

 

車検なども手当があるため、手当は充実しているもよう。

より多くの収入を得たいならば、多くの実績を上げろというのは営業らしい制度で、要は働かざるもの食うべからずということ。

 

ボーナスは30万~が一般的なので、1.5~2ヶ月分ほどもらえる。

その点は、そこらへんの中小企業よりは若干良さそう。

 

月々20万円前半の給料と年4ヶ月分のボーナスとで考えると、年収は400万ほどになる。

ただ年数経っても給料は上がらないみたいだから、高い成績をキープするか、昇進するかしか収入を上げる手段は無さそう。

 

カーディーラーに勤める特権として、車の購入サポートがあり、新型の車が乗りたい人には向いている。

いち早く新型車に乗る機会があるし、安く良い車が乗れるため車好きにはたまらん制度だが、車を売る仕事をしていてそのモチベーションが続くかは不明…

 

 

最後に

 

営業は向き不向きがあり、やっていてストレスを溜めない性格ならば楽しくやっていけると思う。

工場勤務のような単純作業の繰り返しが嫌な人には、こういう仕事が合うと思う、てか向いている。

 

ちょっとしたチームみたいなものはあるが、営業は個人力勝負なので先輩後輩も関係なく、成績で決まる。

そんなの工場でも一緒と思う人がいたら間違いで、製造業だと評価を数字化できない部分あるため、自身を数値化し正当評価しやすいのは営業だということ。

 

成績を上げなければ、一般よりも収入が低くなりがちな営業職だが、整備士(エンジニア)よりは収入は多いので、車関係の仕事をしたい人は一度考えてみるのもアリ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です