UUUMの変革!専属Youtuberを半減

2021/12/16,Youtuber事務所の最大手であるUUUMが、専属契約している約300組のYoutubeクリエイターの中から半分ほどを専属契約からネットワーク契約に切り替えるという。

YoutuberをUUUMの担当者がサポートする代わりに、収益の一部(アドセンス収益)を受け取るのが専属契約であり、個人ではできないような仕事を請け負うことができるのがメリットになる。

しかしネットワーク契約は、UUUMが提供するサービスを利用する形となり、担当者がつくことはない。

だが収益の一部を支払うことはなく月額500円払うだけでいい。

低コストなのは魅力だが、これだと利用するメリットはほとんどないと言っていい。

 

広告収入に限界か?

 

コロナ化となり、半導体など一部の部品が計画通り入手できなくなった。

そのため需要があっても物が手元になく、売る事ができない状態が続いている。

そのため、多くの企業が広告を売っても物がないため、無駄な広告を控えてしまい、その結果Youtubeへの広告も減少してしまう状況が今続いている。

多くのYoutuberがこのアドセンス収益減少の影響に喘いでいたが、個人だけではなく、UUUMなどの企業もかなり切迫していたという結果だろう。

 

そもそもYoutube、Googleへの広告料の一部を収益大半としている企業の在り方に問題があると思っている。

今回のこの危うい企業体制にメスを入れてきたということだ。

 

契約変更となったYoutuberの今後は?

おそらくだが契約変更されてしまうようなチャンネル運営をしているYoutuberには、あまり影響はないと考える。

もともとの収益が低く、収益に対して担当社員をつけるほうがコストが増えると判断されるようなチャンネルは、恩恵をあまり受けていないため影響はないだろう。

本来ならそれでも担当者をつけ、クリエイターやチャンネルを育て、将来的にUUUMへの大きな収益とするところだが、この先に期待する未来はないとUUUMは気付いたのだろう。

 

UUUMの今後の動向

マネジメント業からエージェント業に切り替えは果たしてうまくいくのだろうか…

アメリカではエージェント契約が一般的となっているため、日本でも上手く回ることが出来ればUUUMも成功すると思う。

 

もともと芸能界にも関わりがあり、イベントを手掛けてきたUUUMだからこそYoutuberに違ったサポートを行うことができる。

Youtube内でのサポートというよりはイベントなどのYoutube外へのサポートとなるだろう。

 

大手芸能事務所が動きだす前に早々に地盤を築き上げておきたいところだ。