痩せるにはカロリー制限しかないという事実

年末などの長期連休となると気が緩んでしまい体重増加を招いてしまう…

筆者は年末など関係なく仕事をしているのだが、年末などはアクティブな行動はなく、主にデスクワーク中心となってしまう。

 

そのため体重が増加してしまい、なんともいえない見た目になっていく。中年になると仕方ないとはいえ多くの人が諦めていくならせめてギリギリまで抗いたいと思う。

幾度となくダイエットを繰り返してきた中で、痩せるために必要なことは食事制限、つまりカロリー制限が重要だと気付いた。

いや元から分かってはいたのだが、認めなくない一心で色々試した結果がやはりカロリー制限しかない事実だった。

 

好きなものを好きな時に食べたいと思うのは当然であり、三大欲求に抗うことは並大抵のことではない。

だからこそ多く人がこの怠惰ともいわれる濁流にのまれ、肥満に歩みを進めてしまうのだろう。

「腹筋割れている生物なんてこの世におらず、多少の肥満は自然的だ」なんて言い訳はもうこりごりだという人は、素直にカロリー制限するしかない。

 

ただ現代においてはカロリー制限のハードルが下がってきていることに気づいているだろうか。

カロリー制限は嫌だと避けてしまっているため、気付かないまま無駄に筋トレなどに励んではいないだろうか。

 

カロリー制限するための食品は実は多くあり、それらを活用することでアナタが望んでいるスタイルはもっと簡単に手に入る。

だが我慢は当然必要になることにはなるため注意してほしい。

 

自分の摂取カロリーを把握する

現代においてはカロリーの把握は非常に簡単なもので手元のスマホで事足りる。

多くのアプリがある筆者はFiNCを使用しているため、それを推したいと思う。

 

FiNC ダイエットのための体重管理やカロリー計算アプリ

FiNC ダイエットのための体重管理やカロリー計算アプリ
開発元:FINC TECHNOLOGIES INC.
無料
posted withアプリーチ
 
このアプリのいいところは、カロリーを履歴から呼び出せたり一覧から選ぶこともできるため、一々手入力する必要がない。

 
これらの選択しから選ぶだけで簡単にカロリーを算出してくれる。
それに加え、栄養素も表示してくれるためどれだけ栄養が偏っているかも確認できるため、食生活が荒れ気味の人にもオススメできる。
 
 
 
一日の摂取カロリーの目標に向けて、食べるもの考えながら生活をすることにより簡単に痩せることができる。
このアプリを活用することによっていかに普段の食事が高カロリーかが分かると思う。
 
 

ダイエット食品の活用し痩せる

 
ダイエット食品といえば大した効果のない詐欺まがいなものを想像するかもしれないが、今回はカロリー制限に着目しているため、カロリーが低いもの選べば期待した効果を得ることができる。
 
筆者も同様だがあまり食べる量を制限したくないため、低カロリーのものを多く摂取することでカロリーを制限していく。
そのためにオススメなのが、「おからクッキー」である。
 
そんなクッキーにそんな効果があるのか半信半疑だと思うが、実際に口にしてみてほしい。
バサバサした食感は、水分を必要とする。そして水分を補給するため、お腹がふくれる。
そしてバサバサ感が満腹感にもつながるため、こういった食品はダイエットに向いている。
 
筆者が実際に食べているものを紹介したい。
 
 
このおからクッキーは個包装されているため、会社でのお昼ご飯や休憩中に食べるのに向いている。
またほのかな甘みがあり、お世辞抜きでおいしく食べることが出来るため、カロリー制限中の甘未役としても機能する。
 
 
一回に4個ほど食べるが、それだけで十分な満腹感を得られるし、コーヒーなどとの相性もいいため、仕事中に最適な食品である。
 

一日1500キロカロリーに抑えば効果抜群

 
朝食の変わりにプロテインを飲み、お昼を上記のおからクッキーにすることで、夕食は普通に食べても一日1500キロカロリーは達成できる。
一日の消費カロリーは、2000キロカロリーほどといわれているので、実践するだけある程度までは痩せることができる。
 
 
ただ注意してほしいのが、筋トレを行わないと筋肉から減ってしまうため、見た目が貧相になってしまう。
脂肪は一番最後に落ちるので、筋トレをすることで、筋トレの減少を食い止める必要がる。
 
だが筋トレだけするよりは、カロリー制限だけを実施するほうが得られる効果は大きいと感じた。
 
やり始めは苦しいときもあるのだが、胃の小さくなることで食欲だ減り、次第に何とも思わなくなるから安心してほしい。
 
 

継続が大事、でも無理はしなくてもいい

 
継続すればするほど大きな効果が得られるが、きつい瞬間が訪れることがある。
その場合は、無理せずに食べることがあってもいいと思う。
 
たった一度で全てが台無しになることはないし、もっと自由度のある生活を送ったほうがいい。
ルールは大事だが、それよりも時と場合のほうが大人には重要となるだろう。
 
継続の一番の成功のコツは、無理をしないということだ。
痩せる方法は数々あり、その中で自分にあったものを選択していけばいいし、複合させて自分オリジナルを作り上げればいいと思う。
 
今回は筆者の経験に基づいた痩せる方法の一例を紹介しただけなので、知っていただけるだけで十分だ。