年功序列という無能者がのさばり、有能者が消えていくシステム

 

 

年功序列とは成績などで判断せず、勤続年数や年齢などで賃金や役職を上げていく制度

今や減少傾向ではあるが、それでもやっぱりあるんだな年功序列

一部の会社で色濃く残るこのシステムは日本独特の制度である

 

成果で決める成果主義は対なる制度になるが、年功序列と成果主義のいったいどちらがいいのだろうか。

 

高度経済成長期を支えた年功序列制度は確かに優れた面も持ちあわせているが、それにぶらさがっている年配社員がいることも事実。

 

仕事への意欲が低下している社員や実力不足の社員に高い給料を払うメリットは、はたしてあるのか。

そしてその体制は実力のある若者の意欲を削ぎ、向上心をなくしてしまう可能性があるのではないのだろうか。

 

そんな年功序列制度について今回は話していく。

 

メリット

離職率の低下

 

年々給料の上がるこのシステムでは、転職すると給料が下がる可能性が高くなる

中途採用者は年齢の考慮はあるにせよ低い給料からスタートし、そこから他の人と同じようにベースアップするため、同年齢と比べどうしても給料が低くなってしまう。

 

中小企業から大企業に転職したりする以外、給料面のメリットは何もない。

そうなると新卒での入社から、定年退職するまでいるのが一番良い。

 

そのため新卒主義の日本に非常に合った制度になります。

そして労働者も将来設計がしやすく、すべての人が同じような暮らしを送ることができるため、不公平さを無くすことができる。

争いを好まない日本人らしい趣向といえば日本人らしいのかもしれない。

 

チームワークの向上

 

出世争いの必要がないため、同僚と高いチームワークが発揮できる。

だってライバルを蹴落としたり、足を引っ張る必要が全くないから良好な関係を築くことができる。

 

そして年齢によって昇進するため、先輩をたてることができようになる。

若者が出世し、先輩や年上に指示することがないからだ。

 

この問題で悩む人を多く、部下の接しかたや扱いは特に難しいもの。

うまく正しい言葉で言える人ならいいのですが、苦手な人は非常に困る問題。

そのような気遣いがいらない職場は、とても快適だと思う。

 

社内教育システムが構築しやすい

 

年功序列だと基本的に定年まで勤めてくれるようになり、会社側も社員教育がしやすい特徴がある。

会社によって様々だが、どの会社にも教育システムが存在する。

 

会社側はこの費用を負担することになるから、多大なお金と時間を使うことになる。

だけどもこの社員が辞めてしまったら、せっかくかけたお金と時間を失い、育ててきた優秀な人材さえも失ってしまう

 

だから会社としては無駄にコストをかけたくなく、教育に手を抜くようになるから、年功序列制度にして離職を防ぐようになる。

こうした制度を作ることによって、会社は安心してコストをかけて育てることができる。

 

そして労働者も質の高い教育を受けることができる。

 

ローンが組みやすい

 

支払いが滞るリスクがある銀行は、年功序列制度がと安心できる。

どんな人であっても、継続的に所得が上がるし、上がる幅も会社名である程度推測できる。

 

なにより今より収入が減る心配がないのだから、貸しやすくなる。

会社員のメリットを最大限活かせる制度ではある。

 

 

 

 

デメリット

意欲の低下

 

人の能力というのは年齢ではかれるものではなく、ほんとうに人それぞれである。

経験値に勝るものは確かないのだが、それだけが全てではない。

 

どの職場でもほかの人より仕事ができる人は必ずいる。

だけども年功序列だと、どれだけ会社に貢献しようと、どれだけの成果を出してもほかの人と差が出なくなってしまう。

 

そしたら向上心のある人は辞めてしまうし、残ってものバカらしくなり向上心を失ってしまう。

仕事を頑張る必要がなくなり、事なかれ主義で過ごす人がでてきて、まとまりのない会社になってしまう危険性がある。

 

社会主義の成れの果てになってしまう…

 

人件費の高騰

 

年齢の高い人は給料も高いから、どうしても賃金に関するコストが高くなってしまう。

成果主義だと能力や貢献度によって給料が上がるため、一部の人だけ高い給料をもらうことになるのだが、年功序列だと年配の人みんなが高い給料をもらうようになってしまう。

 

このコスト増を防ぐには、そもそもの賃金を下げるか、若者の給料を低くするかしかない。

低いパフォーマンスに対して高い賃金を払わないといけないため、会社の利益が減ってしまう、まさに悪循環と言える。

 

年功序列と終身雇用の組み合わせは、無気力な労働者には最高の制度だが、実力のある労働者や雇い主にとっては厄介な制度だろう。

 

 

成果主義

 

その人の能力や貢献度によって給料や役職が決まるため、頑張れば頑張るだけ自分に返ってくる。

また自分自身が正当評価されるから、能力の高い人のプライドを守ることができる。

そしてポテンシャルの高い人が上司になり、部下は仕事がしやすくなり、職場のパフォーマンスがあがるというわけ。

 

 

 

まとめ

いまの日本では、年功序列と成果主義を合わせた制度を使用しているところが多いと思う。

そのバランスは様々だが、成果主義に重きをおいたほうが良い結果に繋がることが多いと思う。

 

俺は20歳前後で役職を一個飛ばしで昇進したことがある。

周りは30歳以上の人ばかりで、物怖じしたりしたけれど、その会社は俺のことをちゃんと評価してくれていたのだと思ったからもっと頑張った。

 

当時は労働基準法を厳しくなく、月平均の残業時間も120時間を超えるなんてザラ。

ときには8:15に出勤して翌日の20:15に帰ることもあった(36時間労働)。

朝に会社に来て、次の夜に家に帰るなので狂気の沙汰としか思えない。

 

だけども嫌な顔せずにコツコツと働いていた俺を評価してくれたその会社には、とても感謝しているし、会社もその働きに対しての対価を払ったのだろう。

 

ただそれによって嫌な顔をする人が出てくるのも事実で、頑張っているから評価されるというわけではないのが怖いところ。

評価基準がちゃんとしていないと、上司の気持ち次第で評価は変わってしまうという落とし穴もある。

 

そのためにはちゃんとした評価基準のシステムを設け、質の高い社員を育てることが大事で、それによって会社は大きな利益を得ることができるようになる。

 

どちらが良いというわけではなく、いいところを取り自社独自の高い制度を作ることが重要で、俺たち会社員はそれを理解して上手く立ち回ることが重要なのだと思う。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です